<   2008年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

スイスの国花エーデルワイスでアンチエイジング アタノール第9回

【アタノール エーデルワイスシリーズ】は、エイジング効果を高めるために、長い期間かけて充分研究され、やっと製品化されたレンチュ社期待のスキンケアシリーズです。
製品で使われるエキスの原料は、ヨーロッパで認証された有機農法や、バイオダイナミック農法によって栽培されています。

今回は、シリーズの中の“クレンジングローション”“ピーリングマスク”をご紹介します。

アタノール クレンジングローション(洗顔料)   100ml ¥8,400
肌に潤いを与えながら、顔と首全体の汚れをすっきり落とし、アイメイクも優しく落とします。エーデルワイスエキスと純粋な植物油が、肌のダメージを保護し、シワの形成を抑制します。クレンジングとしての役割だけでなく、潤いもしっかり与えることで、洗顔後のお肌は、まるでシルクのような手触りです。

アタノール ピーリングマスク(パック&ディープ洗顔料)  50ml¥10,500  
カルナウバロウとミツロウの粒子が、不要な角質や不純物を取り除き、肌のくすみを明るくし、肌の保湿性を安定させ、小じわを防ぎます。細かい粒子で軽く優しく、クルクルと肌の上を滑るようにマッサージしますと、毛穴の引き締め効果も出ます。

※カルナウバロウ⇒植物性の天然ワックス


アタノール【エーデルワイスシリーズ】 の詳細はこちらです
→→http://linagreen.com/atanor.html
[PR]

by lina-green | 2008-09-23 19:01 | オーガニックコスメ

エーデルワイスのお花で出来たコスメ  (アタノール第8回)

スイスのアルプスに咲くエーデルワイスの花は、スイスの国花でもあり、歌にも唄われています(←『サウンドオブミュージック』懐かしいですねっ♪)が、日本では見かけることがありませんね・・・

高山植物で、アルプスでも、がけのような場所に育つため、採取することが困難で危険を伴うということです。
そのため、昔から“エーデルワイス”の花を男性は命がけで採取して、女性に贈ることで愛の証を示していた・・・と言われているそうです。
素敵なお話ですよね♡

そのような危険な場所で強く根をはり、花を咲かせるというために、とても花自身は強くたくましい花に育つのです。
そのためエーデルワイスには、非常に効果的な抗酸化作用と細胞保護作用があり、さらに、かなりの消炎作用・殺菌作用もあります。
表皮を守ると同時に新しい皮膚の生成も助けます。活性酸素を安定させ、エイジングの過程を遅らせ、環境の悪影響からも保護してくれます。

アタノールで、エイジングシリーズとして大人気の【エーデルワイスシリーズ】は、この非常に効果的なエーデルワイスエキスが、クレンジングから美容液・ピーリング剤・クリームのすべてに主成分で入っており、それ以外にもすばらしい成分をもつ各種の植物エキス・純粋な植物性オイルのなどにより贅沢なコスメとして作られております。


アタノール【エーデルワイスシリーズ】 の詳細はこちらです
→→http://linagreen.com/atanor.html
[PR]

by lina-green | 2008-09-20 13:04 | オーガニックコスメ

優しい香りに包まれましょう♪ (アタノール第7回)

丁寧に栽培された花を蒸留して得られる、ピュアなフラワーウォーターです。
一切濃縮還元処理を施しておりません。
化粧水(ミスト等)の前に使用し、水分を補給するのに適しています。
手、腕、脚(ふくらはぎ、すね等)、全身への乾燥も保護できるウォーターとして、お徳用価格でお求めいただけますので、たっぷりご使用下さい。
ロゼフラワーウォーターはブルガリアローズの花、オランジェフラワーウォーターはネロリの花、ラバンジュラフラワーウォーターはラベンダーの花を蒸留して得られるものです。
全てのお肌にご使用できます。

ロゼフラワーウォーター 200ml 3150円
ブルガリアローズならではの、深く豊かな香りが特徴です。優雅な気持ちで、お手入れが出来ます♪

ラバンジュラフラワーウォーター 200ml 3150円
ラベンダーの澄み渡るような香りが特徴です。日焼けなどで傷んだお肌も癒します☆

オランジェフラワーウォーター 200ml 3150円
ネロリの花の高貴で贅沢な香りがお楽しみいただけます。リフレッシュしたいときにも★

アタノール【フラワーウォーター】 の詳細はこちらです
→→http://linagreen.com/atanor.html
[PR]

by lina-green | 2008-09-19 15:52 | オーガニックコスメ

貴品あるフェイシャルオイル アタノール第6回

今回は、花の中の最高品であるバラの【ローザモスクェータオイル(野生のバラの実のオイル)】が豊富に含まれたリッチなフェイシャルオイル2種をご紹介いたします。

ロジェオイルピュアー [フェイシャルオイル] 全肌用 15ml ¥6,300(税込)
ローザモスクェータと呼ばれる野生のバラの実(ローズヒップ)のピュアなオイル。最もリッチで、濃縮された不飽和脂肪酸で作られています。ですから、古い細胞の再生に大変効果的。妊娠中の皮膚のたるみや小じわ、老化によるシミ、お肌の細胞の早すぎる老化などを防ぎ、血管が浮き出てしまうような皮膚の薄い肌にも有効。使い続けることで、肌の弾力やしなやかさを向上させる自然のリフティングとして、あなたのお肌に働きかけます。 

【内容成分】モスカータバラ種子油、レブリン酸ナトリウム


ロジェフェイシャルオイル [フェイシャルオイル] 全肌用 15ml ¥6,300(税込)
ローザモスクェータオイルに、ホホバ油・月見草・カレンデュラ油などをブレンド。肌に栄養を与え、保護します。小じわや、クッパローズ(皮膚が薄くて血管が浮いている状態のこと)を改善して、肌の細胞の再生を促し、ハリのある活き活きとしたしなやかなお肌へと導きます。

【内容成分】モスカータバラ種子油、ホホバ油、オリーブ油、アーモンド油、ゴマ油、ヒマワリ油 、トウキンセンカエキス、月見草油、アロエベラ液汁、グレープフルーツ果皮油、ローズゼラニウム油、アオモジ果実油、トコフェロール


アタノール ロジェオイルピュアー・ ロジェフェイシャルオイル の詳細はこちらです
→→http://linagreen.com/atanor.html
[PR]

by lina-green | 2008-09-17 11:40 | オーガニックコスメ

美肌を造るマッサージオイル  アタノール第5回

私達女性にとって、バラの花は特別な花。
花びらの美しさとふくよかさ、甘くて優しい豊かな香り。
どんなにか心を和ませてくれることでしょう(^^)

リラクゼーションに欠かせないラベンダーの香りも、バラに負けず、心地よく気持ちを落ち着かせてくれます。

アタノールのバララベンダーローズゼラニウムの醸し出す素晴らしい香りは、私達に、マッサージオイルとして最高の幸福感と癒しをもたらしてくれます。

今回は、3種類のマッサージオイルをご紹介いたします。
お顔だけでなく、お体にもご使用いただけます。

ロゼマッサージオイル
100ml ¥5,250
天然のブルガリアローズの精油が甘くやさしく香り、心の不安やイライラを取り去り、豊かな気分にさせてくれます。ローズはお肌を癒し、軟化し、滋養すると言われています。特に熟年肌や乾燥肌、敏感肌の方におすすめです。

ロゼゼラニマッサージオイル
100ml ¥5,250
天然のローズゼラニウムの精油が、バラのような甘い香りを醸し出します。ローズゼラニウムには、ホルモンバランスや肌の皮脂バランスを整える働きがあるといわれています。ホルモンバランスの乱れからくるニキビや、生理前の吹き出物などに効果的です。

ラバンジュラマッサージオイル
100ml ¥5,250
天然のラベンダーの精油が心地よいリラクゼーションをもたらします。特に乾燥肌の方におすすめです。ラベンダーには、日焼けなどで傷んだお肌や、ニキビ・吹き出物といったトラブルを優しく鎮静させる働きがあります。

アタノール ロゼ・ラバンジュラ・ロゼゼラニマッサージオイル の詳細はこちらです
→→http://linagreen.com/atanor.html
[PR]

by lina-green | 2008-09-16 12:19 | オーガニックコスメ

“香りの魔術師”ジャン・ピエール (アタノール第4回)

レンチュ社の技術責任者を務めるジャン・ピエール・ドゥロ氏は、ルドルフ・シュタイナー協会に長年属しており、徹底して植物の力を生かした処方を考える名人です。

薬草を用いた処方はもちろんですが、“香りの魔術師”とも呼ばれるほど、香りの調合も最高に素晴らしいものを作りあげます。

アタノールの製品は、化学的なものでは決して作ることのできない自然そのものの深い香りが特徴です。

中でも、ボディ・フェイシャルのマッサージオイルは、その効能だけでなく、何といっても、部屋中にフワ~っと広がる素晴らしい香りが一番の魅力です。

今回は、そのマッサージオイルをご紹介します。

セタマッサージオイル 100ml ¥6,300   15ml ¥1,575 ◆
冷え性・むくみにおすすめなのが、このオイルです。7種類の植物油と、6種類の植物エキスをブレンドした、とてもスッキリした良い香りの、大変パワフルなオイルです。代謝を促し活性化します。入浴後など、体が温まっているときにマッサージしながらすり込むと効果的です。筋肉痛にも、顔面神経痛などにも最適です。

アルニカバーチマッサージオイル 100ml ¥6,300  15ml ¥1,575 ◆
肩こり、腰痛におすすめなのがこのオイルです。肩・首・腰などのこりや痛みを取り除くオイルです。アルニカには血行を促進する作用、バーチには血液やリンパ液を浄化し、老廃物を排泄する作用があります。塗るだけでも、コリや痛みを和らげます。

両方のオイルを1:1でブレンドすると、より効果が高くなりおすすめです♪


リナ・グリーンでは、サロンのボディトリートメントには、この両方をブレンドしたオイルを使用しております(^^)

アタノール セタ・アルニカバーチマッサージオイル の詳細はこちらです
→→http://linagreen.com/atanor.html
[PR]

by lina-green | 2008-09-14 10:47 | オーガニックコスメ

国王ルイ14世からの贈り物 (アタノール第3回)

アタノール・レンチュ社は、中世から息づく薬草学に基づき製品作りをしているというお話はしましたが、実際世界中から、今も残っている薬草師が摘む薬草を集めてものづくりをしているのです。
一つの製品ができるまでに5~10年と研究を重ね、本当にいいものができるという、納得のいくまで時間をかける製造工程なのです。
いろんなお肌の方に、安心してお使いいただける商品です。
今回は、スペシャルアイテム『ルイ14世』をご紹介します。


“ルイ14世”というこの名前に、最初はどなたも驚かれたことと思います。
この名前の由来は、約200年前、当時の国王ルイ14世が、アピニオンのフランシスコ会に命じて作らせた万能薬ということから「ルイ14世」の名がつけられ、今の時代に、美容液として私たちのもとに届けられているということは、本当に素晴らしいことです。

81種類ものハーブと薬草だけを使った治療薬といえるような美容液ですので、用途、使用方法は本当に多岐にわたっております。シミ・シワ・ニキビ跡・傷跡・火傷の跡など、気になるところに毎日スプレーします。切り傷や火傷による出血や痛みも素早くおさえます。毎日スプレーすることで、傷跡を残さずきれいな肌を維持できます。


アタノール ルイ14世の詳細はこちらです
→→http://linagreen.com/athanor/louis14.html
[PR]

by lina-green | 2008-09-13 12:47 | オーガニックコスメ

さわやかなバスタイムを♪ (アタノール第2回)

残暑も厳しい今日この頃です・・・
暑い日は、汗もかき、体もべたつきますね。
暑いというだけで不快感を味わい、それこそストレスの原因の一つです。
そんなストレスも、せめて一日の疲れを癒すバスタイムには解消したいものです。
「アタノール バス&シャワーフォーム」で、自然の香りを漂わせてみてはいかがですか?
天然の植物本来の持つ香りがバスルームに広がると、気分も穏やかになり、疲れも心の芯から休まります。お肌にもとてもやさしく、安心してお使いいただけます。気持ちのよい洗い心地です♪

ラバンジュラバス&シャワーフォーム
リラックス効果と疲労回復効果の高い、すっきりとしたラベンダーの香りの穏やかな洗い心地のシャワージェルです。お肌の弱い方はもちろん、乾燥肌の方など、お肌をいたわりたい方におすすめです。しっとりとした洗い上がりです

ロスマリーバス&シャワーフォーム
気分をリフレッシュし、血行を促進するローズマリーの香りのすっきりと穏やかな洗い心地のシャワージェルです。特にオイリー肌の方や、背中などボディにニキビができやすい方におすすめです。

アタノール バス&シャワーフォームの詳細はこちらです
→→http://linagreen.com/atanor.html
[PR]

by lina-green | 2008-09-12 16:40 | オーガニックコスメ

スイス レンチュ社 (アタノール第1回)

レンチュ社は、スイスのベルリン市に本社を置き、純植物性化粧品と精油を開発・製造しております。
ルドルフ・シュタイナー(思想家、教育家。人智学の提唱者)の思想に基づき、植物の生命力を損なわず、かつ地球環境へも配慮をした製品作りをしております。
一切の石油原料や動物原料は使用せず、植物原料のみで構成されております。

レンチュ社の技術責任者を務めるジャン・ピエール・ドゥロ氏は、ルドルフ・シュタイナー協会に長年属しており、徹底して植物の力を生かした処方を考える名人です。
代々薬草家であり彼の祖父も薬草学の本を残しております。

また、同社はスイスで初めて動物愛護協会の正式認定を得た会社です。
現在はスイスとドイツの2カ国で動物愛護協会の認定を受けており、製品にもそのマークが誇らしげに表示されています。従って、動物実験も一切行っておりません。

スイスレンチュ社 アタノール詳細はこちらです
→→http://linagreen.com/atanor.html
[PR]

by lina-green | 2008-09-11 12:36 | オーガニックコスメ

【オペラ座の怪人】 ~怪人が奏でる怪しくも切ない旋律~

フランスの作家ガストン・ルルーの原作にアンドリュー・ロイド・ウェバーが曲をつけたミュージカルが、【オペラ座の怪人】です。

劇団四季の初演は1988年。ロンドンでの初演が1986年ということなので、2年後には、日本で浅利慶太氏が劇団四季の舞台で公演したのですから、劇団四季の活動は、本当にすごいと思います。
ロンドンの初演から約20年以上に渡り、世界中のミュージカルファンを熱狂させてきた珠玉な作品です。

私は、劇団四季のミュージカルの中で、特に特に好きな一作です!

劇中歌としての何編かのオペラもすばらしいですし、そのすべてが、アンドリュー・ロイド・ウェバーが創り出したもの!

ヴェルディの「アイーダ」を連想させる「ハンニバル」の舞台、二番目の劇中劇は、間違いなくモーツァルト「フィガロの結婚」を参考にしただろうと言われています。
そんな風に、アンドリュー・ロイド・ウェバーが過去のオペラに模して、自身のスタイルで創り出したオペラをも楽しませてもらえます。

舞台は、19世紀中頃のパリ、オペラ座を再現している…これも魅力のひとつ!
でも何といっても、主人公のファントムの怪しくも悲しい運命が中心にあるのです。
恐るべき広い分野の才能をもっているのに、悲しいかな、醜い外観ゆえに鬱積した精神を抱えている、"ファントム"
そんなファントムがオペラ座のコーラスガール“クリスティーヌ”を激しく愛してしまう・・・
ファントムは、クリスティーヌに熱心に歌のレッスンを施し、彼女はとうとう主役の座を与えられます。しかし、彼女は、ファントムに哀れみと同情しか与えられないので、心は決してファントムに近づくことがないのです・・・

この悲しい運命を背負った“怪人”が描き出す歌の素晴らしさが【オペラ座の怪人】の最大の魅力です♪ 本当に名曲ばかりなのです!

ファントムの独唱も切実なバラードで・・・
「君は私のもの、私にゆだねて欲しい・・・」
二人のデュエットナンバーでは、ファントムが何とかクリスティーヌの心を奪うべく、激しく切なく歌います。

それに応えて・・・
「いつの日か、あなたとひとつになる・・・」
と本心ではないのに応えてみせるクリスティーヌです。

それはそれは、悲しくて、ダイナミックで美しいデュエットです。

私は、ここに一番しびれてしまいます。

ラストにファントムは、自らの血に呪われた運命を吐露し、醜く歪んだこの顔が私を“怪人”にしてしまったのだと嘆き、
「我が愛は、終わりぬ。夜の調べとともに・・・」
という悲しみに満ちたフレーズを高らかに歌い上げます。

by ミルラ
[PR]

by lina-green | 2008-09-10 17:05 | スタッフのつぶやき