<   2008年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

●ジャネスから学ぶ、スキンケア(第6回)

お肌に透明感がない、不健康に見えるなど、くすみが原因のトラブルは数えきれません。
くすみの原因は、日頃のお手入れ不足も考えられますが・・・
主な原因として、【血行不良】と【新陳代謝の低下】によるものです。

これらに最も有効なのは、『マッサージ』『マスク(パック)』です。
特にマッサージは、血行を促す効果が大。
3日続けるだけでも、お肌が明るくなるのを実感できます。
マッサージによって血行が良くなったお肌の上に、パックをすることでくすみが消え、透明感が感じられ、健康的なお肌に生まれ変わります。

ジャネスのマスク類(リプレニッシングマスクエンリッチトバランシングマスク)は、栄養豊富な種子油類を含み、それらは角質層の下層に吸収され蓄えられます。
特に、マスクを使用する直前のお肌が水分を充分に含んでいると、特に効果を発揮します。
普通のマスクは表面が白っぽくなりますが、ジャネスのマスクはしっかりとお肌の中に入っていって表面は透明になります。

≪≪マスクの手順≫≫
1.マッサージ後、オイルをふき取らずに、ミスト(ローザペタルミスト・シルクンベールミストなど)をつけてからマスクを塗布する。オイルを拭き取らないのは、お肌の透明層に入り、ゆっくりとタイムリリースされる成分があるため。

2.マスクをお肌に置いておく時間は最低5分。15分ほどでもOK。

3.洗い流して、その後ミストや乳液などをつける。

乾燥や紫外線で、お肌がこわばる時にこそ、パックをおすすめします!

ジャネス化粧品詳細はコチラ
→→http://linagreen.com/janesce.html


by ミルラ
[PR]

by lina-green | 2008-02-27 16:06 | オーガニックコスメ

●ジャネスから学ぶスキンケア(第5回)

以前、オーストラリア・アデレードのジャネスサロンへ行った時、トリートメントの際、【ジェントルクリアリングウォッシュ】【ジェントルピールウォッシュ】の2種類のディープ洗顔料を続けて使用していました。
その時、【ジェントルクリアリングウォッシュ】【ジェントルピールウォッシュ】の詳しい使用法について質問したところ、ジャネスから下記のような回答をもらいました。

1.ジェントルクリアリングウォッシュをアロマチックドロップの入ったぬるま湯でかなり薄めた状態(お肌に乗せたとき、粒々や白濁した状態が見えないくらい)でお顔に乗せ、水分を補給しながらゆっくりやさしくお肌にすり込んでいきます。

2.1.を洗い流した後、ジェントルピールウォッシュをパックのように、少々のドロップのぬるま湯でゆるめてお肌に乗せ、4~5分放置し洗い流します。

日本では、どちらか一方をおすすめしていたのですが、ジャネスからの回答は・・・

•【ジェントルクリアリングウォッシュ】の作用は、皮膚表面の死んだ細胞=角質を剥離することである。
•【ジェントルピールウォッシュ】を後で使用するのは、死んだ細胞を抱え込んでいるタンパク質に酵素が働くことによって、剥離を妨げている細胞をゆるめるためである。

•お肌の状態によって、両方の製品が必要だったり、片方だけでいい場合もある。
・・・つまり、角質の厚さなどで調整するとよいのではないか?という回答でした。

それ以来、リナ・グリーンでは、フェイシャルトリートメントにこの両方を取り入れています。
体験された方々は、本当に皆さん“プルルンお肌”になり、喜んで頂いております。
皆さんに、是非、ホームケアでもお試し頂きたいと思います。

ジャネス化粧品詳細はコチラ
→→http://linagreen.com/janesce.html


BY ミルラ
[PR]

by lina-green | 2008-02-26 14:02 | オーガニックコスメ

●ジャネスから学ぶスキンケア(第4回)

今回は、ジャニス流“食生活のグッドメニュー”についてご紹介しようと思います。
いきいきと健康な肌と身体を保持するための優れたプログラム です♪

起床時
レモンまたはライム1/2個をしぼり、カップ1杯のお湯でジュースにする(お好みでハチミツも)。
朝食
パパイヤ・パイナップルなどの新鮮な果物と、主食(トースト・ライス・麺類など)と、薄いお茶、またはコーヒー
午前中
アップルジュースorパイナップルジュースorドライフルーツorまたは季節の新鮮な果物(オレンジ類・オレンジジュースは除く)
昼食
主食(そば・うどん)と、卵・ツナ・サーモン・チキン・豚肉などが入ったサラダと、新鮮な果物と、アップルジュース、または水、または薄いお茶
午後
水orハーブティーorアップルジュースと果物
夕食
自家製野菜スープと、主食(麺類か玄米)と、ツナ・サーモン・チキン・魚・などが入ったサラダと、新鮮な果物
おやつに
アーモンド・種子類・セロリ・おせんべい

※新鮮な果物・・・オレンジ類を除く。
※サラダドレッシング・・・同量のりんご酢と紅花油に、ハチミツとガーリックで味付けを加えたものがおすすめ。

☆特に、起床時のレモンジュースについては、2ヶ月くらい実行なさっている方が、お肌のシミが薄くなったと実感されているようです♪
☆食間には、ジュースや果物を取って、お腹を空にしないようにしましょう!

ジャネス化粧品詳細はコチラ
→→http://linagreen.com/janesce.html



by ミルラ
[PR]

by lina-green | 2008-02-24 15:09 | オーガニックコスメ

●ジャネスから学ぶスキンケア(第3回)

今回は、70代のジャニス・S・スミス氏自身のお手入れ方法を皆様にご紹介します(^0^)/
10歳以上若く見える、そのノウハウを盗んでしまいましょう!!

~ジャニス氏、朝のお手入れ ~

1.ラバンジュラアロマチックドロップでソーキング
洗面器にぬるま湯を8分目程度入れ、ドロップを4~5滴落とし、丁寧にすすぎ洗いします。
 
2.シルクンベールミストを2回つける最初にお顔全体につけてなじませてから、もう1回しっかりとつけます。

3.パフェクティングジェルをつける

1プッシュ手に取り、お顔全体になじませます。シワ・たるみの気になる部分は念入りに。 ※パフェクティングジェルは、細胞がきれいな形を保つために大切なヒアルロン酸が90%含まれて
いる、たいへん素晴らしい美容液です。ヒアルロン酸は、女性ホルモンのエストロゲンを作るための触媒であり、お肌が透明感とハリを保つのに欠かせないものです。

4.乳液・クリームをつける

ジャニス氏は、ここでロイヤルリバイタライジングクリームを使用するそうですが、ここは皆様のお肌に合ったアイテムをご使用下さい。

5.サンケアローションをつける


ジャネス化粧品詳細はコチラ
→→http://linagreen.com/janesce.html


by ミルラ
[PR]

by lina-green | 2008-02-20 18:10 | オーガニックコスメ

●ジャネスから学ぶスキンケア(第2回)

疲れたりストレスを強く感じたりした時に、顎のラインや頬などにブツブツ(アダルトニキビ)ができたりして困っている人は、思いのほか多いようです。
食生活が乱れがちになると、あっという間にブツブツできてしまいます。

●ジャニス氏による“避けたい食べ物”●

•オレンジやオレンジジュース
じんましんを発生させる。実よりジュースの方が反応する。イチゴも、体が熱を持っているときは避けたほうがよい。

•ホットでスパイシーな食べ物
身体に熱を持たせてかゆくなる

•アルコール
身体に熱を持たせてかゆくなる

•ホットティー&ホットコーヒー
身体に熱を持たせてかゆくなる

•脂肪の多い食品・赤身の肉
身体に熱を持たせてかゆくなる

=ニキビを作らずに、毎日を快適に過ごしましょう♪

ジャネス化粧品詳細はコチラ
→→http://linagreen.com/janesce.html


by ミルラ
[PR]

by lina-green | 2008-02-16 14:57 | オーガニックコスメ

●ジャネスから学ぶスキンケア(第1回)

化粧品『ジャネス』が、日本でもここ2~3年で毎年多くの女性に認知されるようになってきた、その“わけ”が、以前のオーストラリア研修でジャニスに接し、特別講演を受けたことにより、はっきりと知ることができました。

『ジャネス製品』が、いかによく肌に吸収され、いくつもの層にどんどん浸透していくか?

昔は、化粧品が角質層まで浸透しないと思われていました。しかし最近では、角質層まで浸透するということは常識となってきました。
角質層というのは、表皮の一番上で、アカとなり剥がれ落ちる部分のことです。角質層が正常な働きをすることによりアカは剥がれ落ちるのであって、その為には充分な水分と油分で満たされている必要があるのです。
ジャネスの基本的な考え方『肌を濡らし、閉じ込める』。これは、水分を充分に与え、その濡れているところへ乳液・クリームなどの油分でフタをして閉じ込めるということです。これが肌への第一歩!これらなくして化粧品の話は語れません。
ジャネスのポリシー『 Wet the skin, Lock it in. 』(肌を濡らし閉じ込める) これは、オーストラリア研修での講義中に全員で大きな声で唱和しました。

ジャネス化粧品詳細はコチラ
→→http://linagreen.com/janesce.html


by ミルラ
[PR]

by lina-green | 2008-02-15 14:33 | オーガニックコスメ