<   2007年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

=中国三千年の伝承= “キパワーソルト”

実は私、1ヶ月程前、すごい歯痛に悩まされました・・・

これまでの人生でこんなに痛みを感じたことは初めてのことで、朝夜の歯磨きは、バッチリやっていましたのに・・・

歯医者も、ここ何十年行っておりませんでした。ところが、いきなり「歯周病が進んでいますよ。歯ブラシの使い方も見直して下さいね。磨き残しがありますよ。歯茎に負担をかけているので、痛くなるのです!」とピシャリと言われてしまいました…(> <)

私は、“歯を磨いていた”というよりも、“歯を削っているみたいにこすっていた…”ということなのです。

歯と歯茎の間に歯ブラシを30度くらいに傾けて、毛先でなぞるように歯の表面を1本ずつ力を入れずに微振動で磨くのだそうです!!

そこで、もう一つ!
これは、知っていたにもかかわらず、私は実行していなかったという悲しい現実が分かってしまいました。

『歯周病予防に驚きのキパワーソルト』

“命が求める本当の塩“    ”他の塩にない還元力をもつ塩“
こういうことをサロンの皆さんに、あんなに一生懸命お話していたのに、その私が歯磨きに使っていなかった…ということなのです。

 お友達から、「歯磨きに“キパワーソルト”がすごくいいのよ~」言われて初めて、2週間程前から、毎食後使うようにしたのです。そしたらば・・・
何と、2日目には、歯の痛みはなくなったのです!!
あんなに歯茎が水や風にしみて泣きたいくらいだったのに…と本当にビックリ!!(*0*)

「炎症を起こした歯茎は酸性化します。そこに、還元力のある“キパワーソルト”を使って歯磨きをすると、炎症を中和させる働きがあります。」と、新宿アルプス歯科の院長先生も言っておられます。

“キパワーソルト”での歯磨きの仕方は・・・
まず、歯ブラシの毛先を水で濡らし、ちょっと塩味が感じられる程度に“キパワーソルト”をつけて、先程のように微振動でやさしく磨きます。

口の中のPHバランスが整えられ、さっぱりするだけでなく、舌も清潔になり、食べ物も美味しく感じられます。

少しブヨブヨしていた私の歯茎も引き締まってきました(^^)

また、びっくりするような“キパワーソルト”の使用法があったら、お知らせしますね♪

by シスター
[PR]

by lina-green | 2007-04-13 11:03 | スタッフのつぶやき