<   2006年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

きっかけは・・・☆

 こんにちは、はじめましてv(^-^)v ブログ初心者の私ですが、いろいろとお話していきたいと思います♪(ちなみに私は、セーラムコンプレクスを使ってニキビ跡が薄くなったスタッフです!)ベタではありますがやはり最初は、私がアロマに出会ったきっかけを少々お話します。
 
 きっかけは、通っていた専門学校でのアロマの授業でした。その授業の先生との出会いにより、授業を受ける度にアロマの魅力に引きこまれている自分がいました。この先生には、私を引きつける強いパワーがあったのかもしれないです。私自身も、今までにない不思議な親近感が湧いてきました。そして、自分から資格を取ろうだなんて思ったことのない私が、気付けばアロマテラピー検定の1級を受けていたのです。
 
 ある日のこと、ペアを組んで腕を簡単にトリートメントし合うという授業の時、先生がふと私の手のひらを触り、「マッサージとかやるのに向いてると思うよ」みたいなことを、さらりと言ったのです。その時はなんとなく聞き流してしまっていたのですが、今、現にこうしてアロマテラピーのサロンで、何人ものお客様をトリートメントさせていただいております。それはもう不思議な感じです!人との出会いで、こんなにも大きく自分自身の考え方が変わったり、人生を大きく左右するきっかけが生まれるんだなということを、とっても実感しています。感謝です(・∇・)

by アメリ
[PR]

by lina-green | 2006-05-31 18:46 | スタッフのつぶやき

シミには断然ジャネスの“セーラムコンプレクス”

つい最近まで涼しいというか肌寒い感じでしたが、徐々にではなく急にまた暑くなりましたね・・・これからはより一層紫外線に気を付けなければなりません・・・
そこで、今日は、これからの季節にぴったりなジャネスの“セーラムコンプレクス”についてお話したいと思います(^^)
“セーラムコンプレクス”は紫外線による色素沈着を防いでくれ、お肌の透明感が増します♪もともとあるシミには“セーラムコンプレクス”に入っているハーブの成分が直接沈着している色素に働きかけ、シミを薄くしていきます。
トリートメントの向上を目指し、日々勉強しております私達ですが、勉強のためにお互いにモデルになって、練習したり、トリートメントの効果を見たり、化粧品の効果を試したり、時間をみつけては研究に余念がありません。
セーラムコンプレクスが発売されるや否や私は、もっぱら、シミが気になっていたので、練習でモデルになったその度にシミの気になる部分に塗ってもらいました。すると、1週間くらい経った頃、鼻の頭にあった薄いシミがポロッと取れたではありませんか(*0*)
他のスタッフはニキビ跡が薄くなったと言ってました。誠にものすごい効果です。
今では、シミ対策としてフェイシャルのオプションメニューにも加わり、大好評です!
お店のお客様も「もう、手放せない・・・」と言われる方ばかりです。ものすごい売れ行きで久々の大ヒット御礼でした(^0^)/
洗顔の後、化粧水をつける前に、シミの気になる部分につけるだけでよいので、とても簡単ですし、おすすめです。
同じくジャネスの「パフェクティングローション(乳液)」と併用するとお肌が柔らかくなり、美白効果もアップし、かなりおすすめですよっ♪
by つくし

b0095156_18291141.jpg

[PR]

by lina-green | 2006-05-30 18:08 | オーガニックコスメ

疲れ目に、ソルーナの“アイクリーム”

少しお久しぶりになってしまいましたが・・・
今日は、私が大好きなドイツのブランド”ソルーナ”(『ソルーナ』は植物の生命エネルギーを保ったままエキスを抽出する『スパゲリック法』で作られる究極のスパゲリック化粧品として有名です!)の中でも超お気に入りの”アイクリーム”についてお話したいと思います。
ソルーナの“アイクリーム”は吉川十和子さんもご愛用だと聞いたことがあります。
シワやクマにいいのは勿論ですが、疲れ目などにもよいです。目をよくする薬草水と同じ成分で作られているため、目のあらゆるトラブルを解消してくれます。
私は、コンタクトをしているせいか、どうしても目がドライアイ気味です。目薬が手放せません。でも、ソルーナの“アイクリーム”を塗ったら、普段乾いて出ない涙が出てきたので、ひょっとするとドライアイにもよろしいかも・・・しれません。
そして、よくあるのが、前夜ドラマや映画などを観て、大泣きし、(最近涙もろいのです・・・ドライアイのくせして、こんな時は涙が出ます。涙をふくと、まぶたが腫れるので、本当は流しっぱなしがいいらしいのですが・・・つい涙を拭いてしまいます・・・)、
翌朝起きると恐ろしいほどまぶたが腫れていることがしばしば。こんな時、朝出かける前にアイクリームをぬるとみるみるうちにその恐ろしい腫れが引いていくので私には必修アイテムです。ヨーグルトのような軽いテクスチャーで、塗ると気持ちがよいです。小豆粒の1/2ほどを手に取り、軽く目の周りをマッサージしながらつけるとよいです♪皆さんもぜひ、試してみて下さい!!驚きですよ~
by つくし
b0095156_1831547.jpg

[PR]

by lina-green | 2006-05-23 16:33 | オーガニックコスメ

驚くべき美容液アタノールの“ルイ14世”

これまた、前々回ご紹介した『ルイ14世』について、今回は語りたいと思います。
「ルイ14世って一体何?!」「どうして、ルイ14世っていうの??」「一体どんなものなの?」「花粉症にいいってどういうこと?」そうですよね・・・確かにナゾで意味不明ですよね。
この名前の由来については、約200年前、軍隊がはじめて火薬による鉄砲を使い始めた1790年まで遡ります。鉄砲の弾を発射するときの反動で、兵隊の肩が損傷を受け、戦力が落ちるのを憂慮した国王ルイ14世は、この傷を速やかに治す薬を作るよう、アビニオンのフランシスコ会に命じ、研究の末、81種類ものハーブと薬草だけを使った治療薬を開発しました。こうして美容液ルイ14世は、武器から誕生し、以後フランスの軍隊の傷の治療薬として、素晴らしい効果を上げてきました。1982年、アタノール社の生産責任部長であるドロール氏の元に、“あるひとつの薬草水に関する古いレシピ”と、“それに付随する陶器の鍋(ブレンハーフェン)”があるという情報が入りました。これが「幻の美容液」といわれていた「ルイ14世」との出会いです。製法は1790年に書かれたレシピに沿って、正確に、忠実に作られ、全ての女性が長い間求めていた美容液として現代に蘇ったとても歴史のあるものなのです。用途は広く、一家に一個もっていると大変便利です。今井美樹さんも、家庭の救急箱に常時用意してあるそうですよ(^^)私も家にあるのはもちろん、旅行には必ず持っていきます。
美容の面からは、シミ・シワ・ニキビ痕・火傷痕に効果的です。毎日スプレーしたり、コットンにしみこませパックすると段々と薄くなっていきます。細胞の活性化作用や血行促進作用があるので普段お使いの化粧水に混ぜて使用するとお肌が丈夫になりとてもよいです。また、日常生活においては、ケガや火傷・虫刺され・口内炎・水虫などにも効果的です。包丁で指を切ってしまった時など、スプレーして少しの間ギュッと押さえている(これを3回くらい繰り返します)と、切れていたはずの傷口がみるみるうちにふさがっていきます!びっくりです(*0*)さすがに昔から軍隊の傷の治療薬として使っていただけあります。私は、打撲した時、必ず患部にルイ14世をスプレーしてから、同じくアタノールのアルニカバーチマッサージオイル(←私はこれも旅行には持っていきます。)を塗布します。そうすると腫れも防げますし、内出血にもなりません。職業がら、手のケガは命とり。いつも、ルイ14世に助けられています!!
前述したように花粉症や鼻炎にもよいです。鼻の粘膜に直接スプレーします。(これが、なかなか慣れるまで辛いですが・・・)こうすることで、日々、粘膜が強くなっていきます。また、ヘアケアとしても効果的です。傷んだ髪・地肌、育毛によいです。シャンプー&リンスの後直接スプレーします。次に生えてくる髪質も良くなります。
皆様もぜひ、ルイ14世でハーブのもつパワーを実感してみて下さい!!植物の素晴らしさにきっと感動すること間違えなし!!です。
by つくし
b0095156_18315246.jpg

[PR]

by lina-green | 2006-05-16 17:16 | オーガニックコスメ

『MAME OPC』の素晴らしさを伝えたい!!

前回、ご紹介した『OPC』のナゾを今回解き明かしたいと思います。
OPCはポリフェノールの中でも極めて抗酸化力の高い「天然成分オリゴメリック プロトアントシアニジン」とよばれる、‘あらゆる植物が自身を防御するために作り出す’とても強力な抗酸化物質のことです。特にぶどうの種・松の樹皮・ビーナッツの皮・イチョウ・コケモモ等に含まれ、最近の研究ではビタミンCやEよりも活性酸素を撃退する抗酸化作用が強いことが判明し、その抗酸化作用はなんと、“ビタミンCの25倍・ビタミンEの50倍”と言われています。OPCは、体力増強や免疫力向上、体質改善、成人病予防、老化防止、アレルギー体質の改善といった効果をもたらします。
かくいう私もOPCを約1年ほど前から本格的に飲み始めました。私は、朝食後1粒か2粒飲んでいます。風邪を引きそうな時などは量を増やし2~3粒くらい飲んだりしています。飲み方に決まりはなく、何粒でも良いのですが、だいたい1日に1~3粒が目安で、食後に飲みます。今年はOPC効果で免疫力が上がり、風邪やインフルエンザになりませんでした(^^)
飲み始めてから、一番最初に気付いたのは、“身体が疲れにくくなったこと”そして“お肌にツヤとハリが出たこと”です。これは、すぐに分かりました。そして一年後の今年、花粉症が軽減された・・・というわけです!!身体の中のサビが日々少なくなり、体質改善された感じです。
 お店のお客様もこれを飲んで‘薬疹がよくなった’‘旦那様の肝機能の数値が正常になった’‘ニキビが治り、お肌もキレイになった’‘風邪を引かなくなった’など喜ばしい声を耳にします。これは、試す価値大ありですよ♪
by つくし
b0095156_18339100.jpg

[PR]

by lina-green | 2006-05-14 13:38 | サプリメント

今年の花粉症は大丈夫でしたか?

私は、小学校以来ずっと花粉症に悩まされてきました。花粉症とともに歩む人生と言っても過言ではありません。しかし、今年は花粉が少ないとはいえ、症状が全くと言っていいほど症状が出ませんでした。
やりました!!(^0^)それには、心当たりがあります。
芳香浴などでティートリー・ユーカリ・ペパーミント・ラベンダーなども確かに症状を和らげるのには効果的ですが、それだけでは、根本的には治りません。
私の長年の経験から考察すると、(エラそうにゴメンナサイ・・・笑)花粉症は体質改善が最も重要と思われます。東洋医学では花粉症のことを‘水毒’と呼ぶらしいです。‘体内の水分バランスが崩れ、停滞している状態’で解消するにはやはり(東洋医学的にも)体質改善らしいです。そこで、私は昨年から、今年の花粉症対策のためにOPCというサプリメントをとり、そして、花粉症の2・3ヶ月前から、鼻や口の粘膜にルイ14世をかけ、打倒花粉症で頑張ってまいりました。OPCで体質改善を計り、ルイ14世で粘膜の強化に努めました。
そして、アロマオイルでのトリートメントも体内の水分バランスを整えるという意味ではとてもよいです。今年から、私は、お客様のトリートメントをバンバンやらせてもらうようになったので、ひょっとするとこれも良くなった原因のひとつかもしれません。(お客様のトリートメントをすると自分の体内にも精油の成分が入っていくので・・・)
ところで、OPCとルイ14世って一体何??ですよね?!
OPCとルイ14世の素晴らしさはここでは語り尽くせないので、次回にたっぷりと語りたいと思います(^^)
by つくし
[PR]

by lina-green | 2006-05-12 16:37 | アロマ

ブログ始めちゃいます!!

昨今のブログブームにあやかりまして、ついにブログを始めることにしちゃいました♪
このブログを通して、アロマテラピーやオーガニックコスメの素晴らしさや植物のもつパワーのすごさを皆さんと共感できたらいいなぁ…と思っています。
ところで、どうして私が、アロマテラピーと出会い、どうしてここまではまってしまったのかというと…それは・・・
私は、以前は全くごく普通のOLでした。その頃、毎日がものすごく忙しく、残業ばかりでゆっくりと休まる時間もなく、いつも疲れがとれず、常にイライラしていました。心も身体もボロボロで、顔つきも暗く、どうしようもありませんでした。そんな時に、身体の疲れをとりたいなぁ…という軽い気持ちでアロマトリートメントを受けたのです。一般的なマッサージとは違って、とても深くリラックスでき、体の内側から疲れが取れ、元気になるのを感じました。精油の香りとハンドトリートメントの手のぬくもりが心地よく、何より心身ともに癒され、何か解き放たれたような…そんな感じがとてもたまらなく、毎月トリートメントに通うようになりました。その楽しみがあるので、がんばれる…そんな風になりました。トリートメントを続けるうちに、体調もよくなりましたし、(やはり、ストレスがかなり軽減されたのだと思います。)また、オーガニックの化粧品を使うようになり、お肌もきれいになったことはもちろんですが、何より香りが素晴らしいので、それだけで癒され、あまりイライラすることもなくなりました。
私は、アロマテラピーと出会い、心身ともに本当に穏やかに過ごせるようになりました。一方で、昔の私のようにストレスを抱え、心も身体もボロボロで、自分らしく毎日が過ごせなくて苦しんでいる人がたくさんいます。「そんな人達を少しでも楽にしてあげられたら、私にとってそんなに幸せなことはない!!」と思うようになり、アロマセラピストを目指すこととなり、現在に至ります♪
これから、どうぞよろしくお願いします。(^^)/
by つくし
[PR]

by lina-green | 2006-05-09 16:22 | スタッフのつぶやき